緑茶コーヒーダイエットは本当に痩せる効果がある?やり方を解説

緑茶コーヒーダイエットを知っていますか?手軽なのにやせる効果の高いダイエット方法として話題となっています。

 

緑茶コーヒーダイエットはダイエット外来で有名な工藤内科の医師である工藤孝文さんが考案。工藤医師自ら緑茶コーヒーダイエットを実施し、たったの10カ月で体重が92kgから67kgまで減量しました。

関連記事:普通のコーヒーで筋肉がつく?基礎代謝を上げて楽々ダイエット法

緑茶コーヒーダイエットはなぜ痩せる効果があるの?

緑茶コーヒーには過食予防や脂肪燃焼の効果が期待できると工藤医師は発表しています。

 

緑茶には苦味や渋みがありますよね。これは緑茶のカテキンとタンニンという成分によるもの。カテキンはポリフェノールの一種で、抗酸化作用によってコレステロールのバランスを整える作用があります。タンニンも抗酸化作用が含まれており、ダイエットにはぴったりの成分といえます。

また、緑茶に含まれるテアニンという成分はリラックス効果や睡眠の改善が期待でき、食事制限によるストレスを緩和してくれます。

 

コーヒーにはカフェインやクロロゲン酸といった脂質の代謝を高めたり、脂肪の燃焼を促す効果が期待されています。

 

緑茶とコーヒーを混ぜることで、両方の効果をいいとこ取りしたのが緑茶コーヒーダイエットなのです。どちらも糖質がとても低いので、ジュースを飲むよりは摂取カロリーはかなり制限することができます。

緑茶コーヒーダイエットのやり方

緑茶コーヒーの作り方は簡単。緑茶とコーヒーを1:1の分量で混ぜれば完成です。

工藤医師によると緑茶コーヒーの飲み方は以下の通り。

  • 温かいうちに緑茶コーヒーを飲む
  • 1日3回、食事を摂る15分前に飲む。

温かいほうが身体も温まり、ダイエット効果がアップするのだそうです。

 

関連記事:コーヒーは飲みすぎると太る?上手なコーヒーダイエットやり方

緑茶コーヒーっておいしいの?

緑茶コーヒーはダイエット効果がありそうな飲み物ですが、砂糖やミルクが入っているわけではないので、味はかなりスッキリとしています。温度がぬるいと少し飲みにくいかもしれませんが、温かくして飲めばそれほど苦味や渋みはそれほど強くありません。

 

逆に言えば、クセがなくてどんな食事にも合うと思います。

注意点として、カフェインが多く含まれているので夕食時に飲むと夜に眠れなくなる場合があります。カフェインに敏感な方は朝・昼の2食で緑茶コーヒーを試してみるとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です