プロテインは女性用・男性用で違いはある?美容効果を意識しよう!

プロテインには女性向け・男性向けの商品がありますよね。最近ではパッケージで誰に向けてのプロテインなのかはっきりとわかるような商品が増えてきました。

 

ところで、女性用プロテインと男性用プロテインでは中身が違うのでしょうか?

実は、主成分が「たんぱく質」という部分ではどちらのプロテインも同じです。男性用プロテインはパッケージにムキムキの男性写真が載っていますが、女性が飲んでもあんなムキムキにはならなのでご心配なく!

 

ただし、たんぱく質に加えて「こんな効果もあったらいいな」というおまけ効果は女性用プロテインと男性用プロテインで異なります。

女性用プロテインの特徴

女性用プロテインは男性用と比べてタンパク質の含有量が少なく、低カロリーの商品が多いことが特徴です。

男性はトレーニングによって筋肉量を増やすための補助的な役割でプロテインを摂取することが多いのですが、女性がプロテインを飲む目的のほとんどはダイエットです。

 

食事1回分をプロテインに置き換える「プロテインダイエット」が流行しました。プロテインを食事に置き換えても大丈夫なように、たんぱく質だけでなくビタミンやミネラルといった栄養素を含み、さらに低カロリーにしてダイエットに最適化されたプロテインが女性向けに多い商品です。

 

また、女性用プロテインには美容成分が含まれている商品が多いことも特徴です。皮膚の弾性成分であるエラスチンや集中力を高めるカフェイン、ビタミンや酵素といった成分が配合されています。女性向けプロテインのカフェテインは普段飲んでいるコーヒーに置き換えて無理なくダイエットができる商品。合成甘味料や保存料・着色料といった余計な成分が入っていないことも嬉しいポイントです。

関連記事:カフェテインの特徴を実際に注文して調べてみた!

 

男性用プロテインの特徴

さまざまな添加成分にこだわった女性用プロテインに対して、男性用プロテインの特徴は主成分であるタンパク質そのものにこだわった商品が多いことが特徴です。

 

まずは1回分に含まれてるたんぱく質の含有量は女性向けに比べて遥かに多いです。さらに、体内に取り込まれるスピードにもこだわっていることも特徴。即効性のあるホエイが売れ筋ですが、ホエイとゆっくり長く吸収されるカゼインを混ぜ合わせたタイプも発売されており、さまざまなトレーニングシーンで活用できる商品があります。

 

少し意外だったのは、粉の溶けやすさをアピールしている商品の多さです。男性はトレーニングの直後に飲むことがほとんどなので、すぐにプロテインを作って飲むことができることを重視しているのかもしれません。

【まとめ】女性用・男性用プロテインはどちらでもOK!

「たんぱく質を多く含んだ食品」ということに関しては女性用・男性用どちらのプロテインも同じなので、絶対に自分の性別に合った商品を選ぶ必要はありません。ムキムキ男性の写真が載っているプロテインを女性が飲んでもまったく問題ないです。

 

自分はなにを目的にプロテインを飲んでいるのかをよく考えたうえ、価格や買いやすさも考慮してプロテインを選んでいけばよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です