プロテインの飲むと太るって本当?体重増加は「牛乳」にあった?

最近は女性向けプロテインが多く販売されています。ダイエットを目的にプロテインを飲み始めたという女性も少なくありません。

 

しかし、「プロテインを飲み始めて、逆に太ってしまった」という女性もいるのだとか。

中には「プロテインを飲んだから筋肉がついて太ったのでは?」という方もいるようです。ちなみに、プロテインを飲んでも運動をしなければ筋肉量は増えませんのでご安心を。他に原因があるはずです。

 

プロテインを飲んで太ってしまう原因と対策を解説していきます。

牛乳200mlのカロリーは約137kcal

プロテインは粉タイプで牛乳または水で溶かして飲むタイプがほとんどです。

牛乳は200mlあたり約137kcalあります。

参考HP:明治おいしい牛乳

 

そのため、牛乳で溶かしてプロテインを飲むとわずかですが摂取カロリーは増えてしまうことになります。少しでも摂取カロリーを減らしたいのであればプロテインは水で溶いて飲みましょう。

最近は水で溶いてもおいしいプロテインがあるので、プロテインの種類を変えてみるのも有効な方法です。

関連記事:水で溶いてもおいしい!コーヒー+プロテインで超手軽にダイエット

 

食事にプロテインを加えると摂取カロリーは増えるだけ

プロテインの主原料はたんぱく質。たんぱく質にもカロリーがあるので、ただプロテインを飲んだだけで痩せるはずがありません。

 

プロテインを使ったダイエットの基本は食事1回をプロテインに代える「置き換えダイエット」です。女性向けにダイエットを目的につくられたプロテイン商品は1回の食事に置き換えても栄養不足にならないよう、ビタミンやミネラルといった栄養素が含まれているものが多くあります。

 

いきなり1食をプロテインに置き換えると無理があるのでしょう。。始めはご飯の量を普段より減らしてみて、その分プロテインを飲むといった置き換え方法でもOKです。

 

また、牛乳にはカロリーがありますが、腹持ちは良くなります。水で溶かしただけでは空腹感に耐えられないという方は牛乳で溶かしてみるという方法も試してみてくださいね!

牛乳に混ぜなくても飲みやすいプロテインを選択

最近では本当に多くのプロテイン商品が販売されており、どれを選んでいいのか迷ってしまいますよね。

筋肉を増やしたいのならたんぱく質含有量の多いプロテイン、ダイエット目的ならたんぱく質以外の栄養も入ったプロテインを選べばOKです。

また、牛乳で溶かすのではなく、カロリーを少しでも減らすために水で溶かして飲みたいなら「水だけでも美味しい」と表示されているタイプを選びましょう。

パッケージだけではなく、ネットから味や飲みやすさといった口コミを読んでプロテインを選ぶことも有効です。

関連記事:普通のコーヒーとまったく同じ飲みごたえ!プロテイン+コーヒーで無理なくダイエット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です