夜にコーヒーを飲むなら何時までは大丈夫?ダイエットでも安心してカフェインを摂取

夜にコーヒーを飲むと覚醒してしまい、夜に眠れなくなる人も少なくありません。

特にコーヒーダイエットを実践しているとき、夕食の代わりにコーヒーを飲んでしまうと眠れなくなってしまうのでは…と心配になってしまいますよね。

 

コーヒーは何時までに飲めば、夜の睡眠に影響しないのでしょうか?

カフェインの効果がなくなるのは5~8時間後

コーヒーを飲んで眠れなくなる原因はコーヒーに含まれているカフェインという成分。カフェインには覚醒効果があるため朝であればすっきりと目覚めがよくなるのですが、夜に飲むと人によっては眠れなくなる場合があります。

 

カフェインを摂取して覚醒効果が効き始めるのは摂取後30分が経過してから。

そして、カフェインの効果がなくなるのは摂取後5~8時間後と言われています。

 

19時にコーヒーを飲んだとしても、効果がなくなるのは夜0時ごろ。夕食の時間帯にコーヒーを飲むと、就寝時間にカフェインの効果が残ってしまう可能性はとても高いといえます。

 

カフェインの効果って思ったよりも持続するもんですね。もちろん、飲んだ量によっても効果は変わりますが。

眠れなくなる人は15時以降からはコーヒーを避ける

コーヒーを飲んで眠れなくなる人はティータイムの15時以降はコーヒーを避けておいた方が無難です。

 

カフェインを含む飲み物はエナジードリンクや市販されているお茶も該当します。特に缶やペットボトル入り飲料はカフェインを含んでいることがあるので注意が必要です。

カフェインを飲んでも眠れるのであれば気にしなくてOK!

カフェインによる覚醒効果は人によって効き目はさまざまです。就寝前にコーヒーをがぶ飲みしても朝までぐっすり眠れるという人もいます。

 

自分がカフェインに敏感なのか、効果がないのかを確認しながらコーヒーの量や飲むタイミングを決めるとよいでしょう。

食事1回分をコーヒーに置き換えるコーヒーダイエットは朝・昼だけでも効果があります。特に朝は目覚めがすっきりして元気よく1日が過ごせるのでおすすめです。

▶コーヒーダイエットの失敗しないやり方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です