ブラックコーヒーは飲みすぎると太る?上手なコーヒーダイエットやり方

ネットやSNSの情報を見てみると、「ブラックコーヒーを飲みすぎると太る!」という情報がありました。基本的にブラックコーヒーはほとんどカロリーがありませんよね。(1杯で約4kcalほど)

 

ダイエット飲料の代表であるブラックコーヒーを飲みすぎて逆に太ってしまうとは、どのような飲み方をしたのでしょうか?

砂糖やミルクを入れてしまうから太る

とても当たり前の話ですが、コーヒーに砂糖やミルクを入れるとカロリーはかなり増えてしまいます。わかってはいるのですが、ついついコーヒーを甘くして飲んじゃう人が多いようです。

 

コーヒーは水分で摂取するので身体への吸収が良く、あっと言う間に脂肪として蓄積されてしまいます。ブラックコーヒーが苦手だったにせよ、コーヒーには牛乳か豆乳を入れるくらいにしておきましょう。砂糖やはちみつはカロリーが高いので入れたらダメです。

 

注意してほしいのは、コンビニや自販機で売っているカフェオレ飲料。500mlのペットボトル1本では200kcal以上する製品もあるので要注意。スターバックスのミルク系や甘いフラペチーノもかなりカロリーが高いです。

 

甘い飲み物は高カロリーなわりに腹持ちが悪いので、しっかりとした食べ物を食べたほうがまだマシ。甘いコーヒーには十分に注意しましょう。

カフェインで眠れなくなって夜中にドカ食い

コーヒーの成分として有名なのはカフェイン。覚醒効果があるので、朝食やちょっと疲れたときに飲むと頭がスッキリしますよね。

 

しかし、カフェインに敏感な方は夜にコーヒーを飲んでしまうと眠れなくなる人もいます。夜中に眠れなくなると特にやることないので、ついついお菓子や夜食に手を出してしまうようです。

さらには睡眠不足となると成長ホルモンの分泌が抑えられることで脂肪が燃焼されにくくなってしまいます。

コーヒーを飲んでも太らない対策

ダイエットにコーヒーを活用しようと思っている人はブラックコーヒー・牛乳・豆乳入りコーヒーだけ飲むようにしましょう。コンビニなどで購入するときはブラックコーヒーだけ。カフェオレ飲料は高カロリーなのでNGです。

 

そして、ダイエットはコーヒーだけに頼らないように気をつけましょう。カフェインの摂り過ぎはあまり身体によくありません。何においてもちょうどいい加減が大事です。

 

ダイエットでコーヒーを飲むなら、普段の食事で摂取しにくいたんぱく質が豊富に入ったカフェテインという最新のダイエット飲料がおすすめ。味やカロリーは市販のブラックコーヒーと同じなので、効率よくダイエットすることができます。

▶カフェテインの口コミや評価を見てみる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です